lunatic conversation

春のはじめの日

月はまだ

冷え冷えと 空にあって


僕は

炭酸水をグラスに注いだ


月は話した

僕には分からない言葉


僕は話した

月には分からない言葉


世界で一番

透き通ったこの会話

炭酸水に溶かし込み

ふかぶかと酔っていく


春のはじめの金曜の

ささやかな夜の魔法だ


詩人のたましい

その詩人のたましいは

馬鹿みたいに美しかった


あんまり美しすぎたから

何の役にも立たなくて

あんまり美しすぎたから

かえって皆に疎まれて


ひとりでせらせら笑ってた


そうして詩人のたましいは

月のきれいな森のなか

首をくくって死にました

笑ったまんま死にました


笑ったまんま死んだのに

なぜだか涙がぽとぽと落ちて


今でも深い森のなか

掬われるのを待っている


掬われるのを待っている

vacancy

何もない休日は

お空のあの子に 会いに行こうか


冬の日は

硬質な木の舟で


春の日は

やわらかな布地の翼で。

正しい夜

ひとりの部屋で

歩くふりでもしていると

だんだんと

正しい夜が遠くなってく


ハイヒール

いつの間にか脱げていて

為す術もなく冷える指先


たぶんもう

戻れないかもしれないな


戻れないかも しれないな

求道者

もっと

色のある言葉がほしい

クラシカルな危うさがほしい


透明な酒を飲み

ひとり 月夜の松林をゆく


体の中で しんしんと音がする

足元のずっと下にも

宇宙があること

ふいに気づいてみたりする

アクセス数
プロフィール

Author:fuko

季節ごとに読めます

    

リンク